法人顧問 昼食代も経費計上可能?

食事代は、役員や社員に対する給料となります。

よって、食事代と給料の合計金額から、源泉所得税の計算をしなくてはなりません。税務調査において徴収漏れとして発覚するケースが多々あるの注意が必要です。

例外的に食事代の半額以上を従業員から徴収し、かつ、会社負担額が月額3,500円以下であるときは、給与として課税されないことになっています。
例外の場合には給料としてではなく、福利厚生費として会計処理が出来ます。



ページトップへ