相続税務 自分の面倒をよく見てくれた人に多く財産を残す方法はありますか?

あります。例えば、遺言書にその内容を明記しておくことで自身の老後の面倒を見てくれた
長男に、他の兄弟よりも多く相続財産を渡すことができるのです。
これは、遺産相続には「法定相続よりも遺言による相続が優先される」という大原則があるためです。しかし、注意しなければならないのは、民法で定められた「遺留分」です。民法では、遺族の法定相続人としての権利や利益を守るために、遺族が相続できる最低限度の相続分を「遺留分」というかたちで規定しています。被相続人が特定の相続人や第三者に贈与または遺贈し、それによって相続人の遺留分が侵害された場合、侵害された相続人は財産贈与または遺贈を受けた相手に対して、財産の返還を要求する権利があります。よって、遺言を書く場合などは、相続が起こった場合のことまで考慮して書く必要があります。



ページトップへ