相続税務 相続税が改正になったと聞いたのですが、何が変わったのですか?

H27年1月以降の相続に関して、大きな改正点を上げてみると、相続税の最高税率の引き上げ、相続税の基礎控除の縮小、小規模宅地の評価減を自宅に限り拡大等があります。
最高税率は、相続税の課税対象となる財産が6億円を超える場合に税率が55%になります。基礎控除の額も今までの4割減の「3000万円+法定相続人×600万円」となります。
また、小規模宅の評価減が特定事業用宅地に限っては、90㎡もアップし、330㎡となり、居住の要件等の見直しがされております。今まで相続と関係のなかった方まで、相続税の申告をしなくてはいけないケースが出てくると思いますので注意が必要です。



ページトップへ