確定申告 個人事業主が家族に給料を払った場合は経費計上可能?

個人事業主が生計を一にする配偶者や親族に支払った給与は原則として必要経費として認められません。特例として一定の要件に該当する場合には必要経費となります。
青色申告の場合には、15歳以上の生計を一にする配偶者で1年のうち6か月以上を事業に勤務していた場合は、税務署に届出を出すことで給料のうち労働の対価として妥当な額は経費計上が可能となります。



ページトップへ