法人顧問 融資額を希望額通りに実行してもらうにはどうしたらよいですか?

まず、融資は実際に業務でいくら必要かを計算しなくてはなりません。
そのためには、まず損益計算書と貸借対照表を基にキャッシュフローの流れを計算します。その上で今後の売上の状況や事業計画から必要資金の額を算定します。その上で、希望借入額が必要な根拠となる予測キャッシュフローを作り、銀行・保証協会に持ち込みます。
以上より、数字の根拠をもとにして銀行・保証協会に納得してもらえる資料があれば融資希望額が実行されるです。



ページトップへ