• 確定申告

株の売買でも確定申告が必要?

  • エリア-
  • 業種-
  • 年商 -
  • 従業員数 -

株の売買でも確定申告が必要?

【問題点】
今回Aさんは特定口座を開設しており源泉徴収選択口座を開設している状況です。Aさんは毎年上場株の譲渡しかしておらず源泉徴収選択口座を開設しているため申告はしていませんでした。今年は上場株式の譲渡損がかなりの額あり、非上場株の株式の譲渡益もあります。非上場の株式の譲渡を行っている場合申告しないといけないのか気になります。
【対応】
今回の場合、上場株の他、非上場株式の譲渡益もあるため原則として確定申告をしなければなりません。ただ申告することによるメリットもあります。今回の場合、上場株の譲渡損と非上株の譲渡益とを損益の通算をし、今回さらに申告分離課税を選択した上場配当もありましたので上記の譲渡損を上場配当と損益通算しました。今回の場合これらの損益通算をしてもまだ控除しきれない損失額があるので上場株式の譲渡損失の繰越控除を適用することにより、来年以降に損失を繰り越すことしました。これにより来年も多額の譲渡益が発生したとしても損失を充当することが出来ます。今回適用したこれらの法令は確定申告をしなければ適用が認められません。今回のケースのように確定申告をしなければ受けられない税務上の優遇措置もあり、まずは専門家にご相談することをおすすめします。

  • エリア-
  • 業種-
  • 年商 -
  • 従業員数 -


ページトップへ